7月

8

NISAにおける主な仕組みと注意点について

NISAとは2014年から10年間で施行が予定されている、少額投資非課税制度を指した略称です。

この制度では言葉の通り、日本居住の20歳以上の人が1年間で100万円までの金額を上場株式あるいは投資信託へ投資した場合に、本来ならばその利益にかかる税金が非課税となる役割を持っています。

こうしたNISA制度では抑えておきたいポイントや注意点がいくつか挙げられています。

その主な点として、NISAの仕組みが挙げられます。

NISAを個人が活用する場合、まず専用の口座を開設し、そこから投資を行うことが必要となっています。

またNISA用として開設可能な口座は1人1つだけとされており、1度口座を開設すると拘束期間によって金融機関変更の機会が少なくなるため、機関選択を入念にする必要があります。

次に非課税枠として投資できる枠は、年ごとに100万円分が与えられることとなっていますが、ここでも注意点が挙げられます。

まず100万円の投資を済ませた後、年間途中の評価損などで部分的に枠が空いたとしても、それ以上の追加非課税投資はできないとされている点に注意が必要です。

また途中で売却した場合もその分は使ったと見なされます。

さらに1つの枠における非課税期限は5年間とされており、たとえ10年の非課税期間内でも、前半の年に投資した分の売却や特定口座払込、あるいは次の非課税枠への繰り越しなどが必要です。

また非課税枠繰り越しの場合も、評価額が100万円を超えた分は繰り越せないなどの注意点が挙げられます。

その他にも細かい注意点が挙げられているため、活用の際は金融機関選びと同様に、選んだ専門家への相談も重要とされています。


Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans